カマグラゴールドで蘇る

安い=偽物ではない

男性が赤い紙の顔を持っている

カマグラゴールドはED治療薬の代名詞、バイアグラの後発薬です。ジェネリック医薬品と呼ばれているため、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。実は、ジェネリック医薬品は開発費がかかっていません。先発薬であるバイアグラの特許がきれたのが、2014年5月で、その後にインドで開発・販売されたのがカマグラゴールドになります。バイアグラの開発では膨大な開発費がかかっており、それがそのまま販売価格に反映されています。しかしカマグラゴールドのような後発薬は、開発費がかかっておらず、同じ有効成分であるシルデナフィルを使用しているから、安い販売価格が提示できるという仕組みです。そのため安いから有効成分が弱いというわけではなく、バイアグラと同じ勃起効果が安く手に入ることが出来るというわけです。
バイアグラは50?あたり、約1500円ですが、カマグラゴールドの場合は約575円と三倍近く販売価格が違います。後発薬が発売されてから、はじめはバイアグラを購入していたひとも、経済的に続けやすい後発薬にシフトチェンジしていきました。

ED治療薬であるバイアグラの後発薬は、一番多いといわれています。カマグラゴールドもその一つですが、カマグラゴールドを開発・販売しているインドの「アジャンタファーマ」は、カマグラゴールド以外にもED治療薬を開発している、有名な製薬会社です。有効成分や成分量もきちんと明記されており、世界中で愛用者が多いカマグラゴールドは、日本人にも多くの利用者がいます。残念なのが、日本国内で購入できないという点です。現在の日本では、バイアグラ・レビトラ・シアリスの三つのみが医師の処方でのみ手に入るため、多くのED患者が個人輸入代行を利用して、後発薬を購入しています。