カマグラゴールドで蘇る

カマグラゴールドの副作用

暗闇の中に光と男性

カマグラゴールドの副作用として、動悸・頭痛・ほてり・視覚異常が挙げられます。実は、ED治療薬に多い副作用で、ほとんどの場合、時間とともに症状がうすれていきます。基本的にED治療薬は血流をよくして、男性器へ送る血流量を増やす効果があります。そのためとくに動悸やほてり、頭痛といった症状は起こりやすく、これらの症状が出てくると、薬が効きはじめているサインでもあります。ただし、中には症状が悪化する場合もあるため、体の異変を感じたらすぐに医師の診断をうけましょう。
カマグラゴールドを服用する時に、気を付けたいのが有効成分である、シルデナフィルはバイアグラと同じ有効成分のため、食事やアルコールの影響を受けやすいです。とくにはじめて使用する場合は、カマグラゴールドの効果を最大限に実感するためにも空腹時での服用をオススメします。はじめて使うときに、体に合うのか合わないか判断するためにも、空腹時で性行為の約1時間前に使用するとよいでしょう。カマグラゴールドの効き目は服用してから約5時間で、その間に性的刺激が加われば何度でも勃起することができ、性行為が可能です。

カマグラゴールドは、医薬品のため併用禁止薬もあります。不整脈で利用されるアンカロン錠や、ニトログリセリンなどの硝酸薬を服用している人は、禁止されています。カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルは、50?と100?で用意されていますが、50代や60代が利用する場合や、はじめてED治療薬を使用する場合は、成分量を25?から使用するように、50?を半分に割ってしようすることや、100?を四分の一にして使用することをオススメします。効果があるからと、いきなり100?から使用してしまうと、思った以上に効果が増量してしまい、体に大きな負担がかかってしまいます。EDと長く向き合うためにも、自分に合った成分量を見つけていきましょう!